プリザーブドフラワーを送料無料で全国どこでも届けします。母の日はプリザードフラワーがおすすめ!基礎知識と育て方

母の日はプリザードフラワーがおすすめ!基礎知識と育て方

プリザードフラワー

母の日といえば、5月のゴールデンウィークが終わる第2日曜日に行われるイベントですよね。
普段、食事や洗濯をしてくれるお母さんにありがとうのキモチを伝えるチャンスでしょう。一般的にはカーネーションを贈ります。それでは、どうして母の日にカーネーションを贈るスタイルが確立されたのでしょうか。

それは、アメリカに住んでいたアンナと呼ばれる女性がなくなってしまったお母さんのために教会でカーネーションを配布したことがはじまりとされています。

このような歴史のある母の日の花の色の意味やカーネーションの育成方法や、オススメのプリザードフラワーについてご紹介します。

贈る花の色にも意味がある

女性

みなさんは、母の日に贈る花の色に意味があることを知っていますか。
色にはちゃんとした意味が込められているのです。ここからは、花の色別に意味を解説していきます。

花の色が赤の場合

バラ

最初に紹介する花の色は、赤色です。みなさんは、赤色と聞いて連想するコトバはありますか。もしかしたら、情熱があって熱いイメージをお持ちの人が多いでしょう。

基本的に赤色の花は、ダイレクトに脳へ刺激を与えて「情熱」「活気」「エネルギー」と関連している神経に効きやすい色と言われています。

そのため、普段の家事で疲れているお母さんに赤いカーネーションをプレゼントすると、モチベーションアップにつながるかもしれません。

花の色が白の場合

白い花

みなさんは、白色を思い浮かべるとどのようなイメージが湧いてくるでしょうか。もしかしたら、正しかったり清純な人を連想するのではないでしょうか。花でいうと、キクの白い花を浮かべるかもしれません。この花コトバには威厳という意味が込められています。

やはり、白というのは真面目なイメージを連想することが多いでしょう。そんな白色の花の意味について解説していきます。

白は、初々しくて純粋さをイメージする色で、他の色とケンカをしないので合わせやすい色とされています。そのため、ファッションにおいても白色の服はコーディネートしやすく、ほとんどの人に似合ってしまうバランスの取れた色です。

そんな白色の花を贈る意味は、精神的に落ち着かないときに安定させてくれる効果があります。さらに、食欲をおさえてくれる作用もあるためダイエットしているお母さんに贈ることもオススメでしょう。

花の色が青の場合

青い花

青色をイメージしてくださいと聞くと、このような答えが返ってくるでしょう。たとえば、透き通った海を連想するのではないでしょうか。

私たちは、海を見ることによって気持ちがやすらいで心が落ち着くでしょう。なので、癒し効果も期待できる色です。

それでは、青色の花にはどのような意味があるのでしょうか。青色の花は、自律神経のバランスを調整してくれる役割を果たしているのです。

そのため、ベッドに青色のローズマリーやアジサイをかざると眠りやすい環境を作り出せるでしょう。

さらに、白色と同じく食欲をおさえる効果があるので、ダイエットをしているお母さんにプレゼントするのもピッタリです。

花の色がピンクの場合

ピンクの花

あなたがピンクとはどのような色ですか。このように質問されたら何と答えるでしょうか。おそらく、
女の子らしくかわいらしい色と言うのではないでしょうか。

このような女性的なイメージのあるピンク色の花に対する意味について解説します。そもそも、ピンクには心をおだやかにして、いやされる雰囲気を持っています。そして、ピンクには人のカラダを美しくする作用が含まれているでしょう。

人は、ピンクを見つけていると美容に必要とされているエンドロフェンやドーパミンといった脳内ホルモンを分泌されるのです。

そのため、ピンクの花があるとうつくしく若いカラダを目指せるでしょう。さらに、他の花と飾っても主張しすぎないので、似ているような花の色と飾るのがオススメです。

花の色が紫の場合

紫の花

あなたは、紫色と聞いてイメージするコトバは何がありますか。綺麗なスミレを想像するかもしれません。また、少し不気味なイメージのある色ではないでしょうか。

この色の花に込められている意味は、上品な色のひとつで心をいやしてくれる作用があり感覚を磨くことができる色です。そして、青色のように落ち着かない心を落ち着かせてくれるチカラを持っている色でしょう。

また、体調が悪くて精神的に辛いときに魅了される色です。紫色の花は、他の色の花とバランスを考えながらお母さんへ贈るのが良いでしょう。

花の色が緑の場合

あなたが緑色と聞いて、森林や草などのいやされるところをイメージすることでしょう。もともと、緑色は「おだやかさのシンボル」と言われているようにホッとできるイメージがあります。

安定を与えてくれる色なので、花を飾るときにはかかせない色のひとつでしょう。また、緑色の花には、ストレスを取り除いてくれる効果があります。

最近、仕事や家事で疲れているお母さんにハジルの花を贈れば、いやされるニオイやパスタに添えることでストレスをやわらげてくれるでしょう。

花の色が黄色の場合

黄色い花

あなたが黄色とは、どのような印象を持っている色ですか。このように聞かれたら、このように応えるかもしれません。黄色とは、コインをイメージしてお金を持っている偉い人を想像するでしょう。その通りで、黄色には威厳・知恵・偉大といった強い意味が込めています。また、黄色の効果としては、朝起きやすくすることや胃の調子を良くする効果が期待されているようですね。さらに、人とのコミュニケーションを活発にするときに役立ちます。

そのため、仕事中心の生活を送っているキャリアウーマンのお母さんがいたら、職場に持っていくと良いと黄色のたんぽぽを贈ってみたらいかがでしょうか。

母の日の代表格、カーネーションの育てかた

カーネーション

母の日にお母さんへ贈る花といえば、カーネーションですよね。なぜ、この花を母の日に贈るようになったのかは序論でお伝えしたとおりです。

ここからは、母の日に定番花であるカーネーションの育てかたを解説します。正しい育てかたをして、
お母さんにすばらしい花を贈ってみてはいかがでしょうか。

カーネーションとは何か

女性

育てかたの前に、カーネーションの簡単な自己紹介をします。カーネーションとは、毎年花を咲かせていて、ナデシコ科のグループに属している花であることを知らない人も多いでしょう。

カーネーションの育てかた

カーネーション

ここからは、カーネーションの育てる方法について解説します。カーネーションは、日当たり・風通し・水はけの良い場所で育てることが大切でしょう。

そして、気温のあがる真夏と低下する真冬は部屋の中で育てることをオススメします。それ以外の季節では、外で育てるほうが成長スピードが早まるでしょう。

カーネーションの鉢植えの季節は

苗

カーネーションは、鉢に植えて育てることもあるでしょう。鉢植えには、適している時期が決められています。主に2通りの時期に鉢植えを行い3月~5月の春から夏へ変わる前と9月から10月の秋のいずれかに植えましょう。鉢植えは、ガーデニング初心者でも手入れがしやすいのでオススメの育てかたです。

以下が鉢植えを行うときの手順です。まず、カーネーションの株を取り出して、根についている土をマッサージしましょう。その後に、株よりも大きい鉢植えに土と石を敷き詰めます。ハチに入れる土は、3分の1程度が目安でしょう。

苗を鉢植えの中心において土をかぶせます。あとは、定期的に水遣りをしながら、日当たりの良い場所で育てます。また、土の表面が白くなったときが水をまくサインなので気をつけましょう。さらに、カーネーションの花が咲き出したら、真夏は肥料を継続して与えましょう。

1月に3回くらいは液体の肥料を加えても良いでしょう。

母の日に花と一緒に贈ると喜ばれるプチギフト

ギフト

母の日の贈り物といえば、花ですよね。だけど、贈り物として喜ばれるのは花だけとは限りませんよね。ここからは、花と一緒に贈ると喜んでもらえるギフトについて解説します。今年の母の日は、カーネーションだけではない贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

お母さんにおいしいお弁当を 母の日膳ギフト

日膳

母の日に花と一緒に贈ると良いのが、母の日膳です。これは、某大手デパートでも人気を博している商品です。ランキング1位の母の日膳は、京都の老舗料亭がプロデュースしたものですね。気になる中身は、縁起の良いエビやかわいらしい食べやすいサイズの手まり寿司やお祝いごとの定番である赤飯・茶碗蒸し・お吸い物を付いている高級感のある一品でしょう。

この母の日膳の値段は、約3200円なのでお高めですね。それでも、年に1回のイベントだけの費用と考えたら、高い買い物ではないでしょう。

女性なら好きな人が多い 洋菓子ギフト

洋菓子

女性は、甘いものやデザートが好きな人が多いですよね。スイーツショップを訪れると多くの女性たちが目をキラキラ輝かせている光景に出会えます。

女性であるお母さんであれば、甘い洋菓子を花と一緒に贈ってみるのもステキですよね。ここからは洋菓子のギフトについて解説します。

母の日ギフトとして、喜ばれる洋菓子はクッキーです。某大手デパートで販売されている人気のクッキーは、女性でも食べやすいひと口サイズのクッキーが9パターン用意されています。中には、ピンク色で丸くてカワイイクッキーもあるので、お母さんも喜ぶこと間違いないでしょう。

女性はいつまでもキレイになりたい コスメギフト

コスメ

女性であれば、いつまでもキレイなカラダをキープしたいと考えるでしょう。美意識の高いお母さんであれば、なおさら喜んでくれるのがコスメギフトです。
某大手デパートで販売されているコスメギフトで人気なのが、ハンドクリームセットです。

このコスメギフトは、6つのハンドクリームが用意されていてそれぞれニオイが異なります。甘い香りのハンドクリームが好きなら、ローズタイプのハンドクリームを付けるのがピッタリでしょう。また、食用としても使われているアーモンドのハンドクリームもあります。

どれも持ち運びができるミニサイズとポーチ付きです。そのため、パートに出ているお母さんに贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

母の日に贈るカーネーション以外のオススメのお花

女性

母の日に贈る花といえば、カーネーションを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、母の日にオススメの花はこれだけではありません。ここでは、カーネーションをのぞいたオススメの花について解説します。

いいニオイに誘われる バラ

バラ

母の日に贈る花として、カーネーション以外にオススメなのがバラでしょう。バラがオススメな利用なのは、定番の赤だけではなく紫・黄・ピンクとたくさんのカラーバリエーションがあるからです。
また、赤いバラには愛や美といった花言葉があるのです。お母さんへの愛情を間接的に伝えるためにもバラが良いのではないでしょうか。

色のバリエーションが豊富な ベゴニア

ベゴニア

カーネーション以外に母の日にオススメの花がベゴニアです。この花は温暖な地域で育つ花で1500種類の品種があるといわれています。ベゴニアが母の日にオススメなのは、花言葉が「幸福な日々が続く」と言われる意味を持っているからです。お母さんには、いつまでも幸せな日常を過ごして欲しいですよね。そんなキモチを抱いているあなたには、ベゴニアをオススメします。

プリザードフラワーがオススメ

プリザードフラワー

花の中には、生け花とプリザードフラワーの2つがありますよね。特に、プリザードフラワーは母の日の贈り物としてはピッタリの商品です。ここでは、プリザードフラワーのメリットについて解説します。

水やりなしで育つ

生け花は、水を与えなければ枯れてしまう運命となるでしょう。逆に、プリザードフラワーは水やりをしなくてもうつくしい花を咲かせてくれるのです。これなら、忙しい家事でお花の管理まで手が回らないお母さんにとっても、育てやすい花ではないでしょうか。

香りつきのプリザードフラワーがある

プリザードフラワー

最近は、プリザードフラワーにバラなどの香りが付けられる商品も販売されています。そのため、生け花のように良い香りを楽しめるようになりました。

贈り物は、プリザードフラワー

女性

ここまで、母の日の花や一緒に喜ばれるギフトやプリザードフラワーが母の日に向いているメリットをお伝えしました。確かに、生け花は自分で育てることができるので、成長する花を見届けられるメリットがあるでしょう。しかし、現代社会は時間に余裕のあるお母さんばかりではありません。平均年収の低下や長い不況もあり、専業主婦よりも共働きの女性が増加しました。

そのため、花を育てる時間のない人も多いでしょう。そんなお母さんでも、プリザードフラワーなら水やりをする手間がないのは、生け花では考えられないメリットではないでしょうか。

>>一覧に戻る