プリザーブドフラワーを送料無料で全国どこでも届けします。プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドフラワーの歴史

フランスで誕生したプリザーブドフラワーは、ウェディングギフト・誕生日プレゼント・出産祝いなど様々な贈り物として利用されています。近年はとても身近なものとなりましたが、その歴史はまだ浅いようです。

■名前の由来

たびたび「ブリザードフラワー」や「ブリザーブドフラワー」と呼ばれたりしますが、正式名称は「プリザーブドフラワー」になります。名前の由来は、英語のpreserve(保存する)という言葉から名づけられており、保存された花という意味を持っています。

■プリザーブドフラワーの誕生

フランスのヴェルモント社がプリザーブドフラワーを開発し、1991年に長寿命の切花製法として世界に発表しました。
同じく、プリザーブド製品を輸入販売していたヴェルディッシモ社が、1996年に世界有数のバラ生産国エクアドルを拠点に、本格的な生産体制に取り組みます。

これをきっかけに、他社の花メーカーもこぞって生産を始めたのです。このように各メーカーが競争を始めたことで、色も加工法もどんどん向上していきました。そして1990年代の終わり頃、世界に遅れながらも日本へプリザーブドフラワーが入ってきました。

■名前の由来

たびたび「ブリザードフラワー」や「ブリザーブドフラワー」と呼ばれたりしますが、正式名称は「プリザーブドフラワー」になります。名前の由来は、英語のpreserve(保存する)という言葉から名づけられており、保存された花という意味を持っています。

■ブレイクのきっかけ

プリザーブドフラワーの名前を広めるきっかけになったのは、有名フラワーデザイナーの存在がありました。
クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなど、フラワーデザイナーが次々にショーや個展などの自分の作品に使用したことで、一気にヨーロッパ中に広がり世界中で人気となったのです。

当サイトはプリザーブドフラワーの通販専門店になります。クマのぬいぐるみとバラのセットやダイヤモンドがついているものなど、工夫をこらしたデザインが多くあります。豊富なカラーバリエーションとデザインがあるので、お気に入りの一点を見つけていただくことができます。家族や友人、知人など大切な人への贈り物に、当サイトのアレンジメントはいかがでしょうか。きっとお相手にも喜んでいただけるはずです。