プリザーブドフラワーを送料無料で全国どこでも届けします。プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

プリザーブドフラワー
プリザーブドフラワーは誕生してから約20年と、まだ歴史が浅い加工法です。
また、プリザーブドフラワーがどのような加工法なのかよく知らない方もいらっしゃるかと思います。

プリザーブドフラワーといえば長期保存ができる花です。
プリザーブドフラワーの他に長期保存可能なお花といえば、ドライフラワーが有名です。

プリザーブドフラワーはドライフラワーの一種で、どちらも長期保存可能な花ですが、それぞれ違った特徴を持っています。



■プリザーブドフラワーとドライフラワーの特徴

プリザーブドフラワーとドライフラワー、それぞれの特徴についてご紹介いたします。


<ドライフラワー>
・生花を麻紐で縛り、日陰で風通しの良いところに吊るすだけで手軽に作れます。
  ドライフラワー作りに特別な材料はいりません。

・生花から水分を抜いて作るため、手触りはカサカサと乾いていて、硬い感触があります。

・ドライフラワーは色落ちしてしまうため、生花が持つ鮮やかさはありません。

・香りは草が乾いたような独特のもので、寿命は3ヶ月から半年ほどです。

・お手入れには、防虫や落ちガラの掃除をする必要があります。

<プリザーブドフラワー>
・生花から水分を抜き、グリセリンが含まれている特殊な液体に浸して作ります。
  ドライフラワーと比べると作るのに手間が掛かり、材料も必要です。

・プリザーブドフラワーは、ドライフラワーと比べて生花に近い手触りがあります。

・見た目は生花に近く、初めてプリザーブドフラワーを見た人の中には生花と間違える人もいるほどです。

・色は鮮明で、生花では表現できないカラーを出すことも可能です。

・湿気や直射日光には弱いですが、正しく保存をすれば数年間美しさを保つことができます。

・お手入れは、ホコリ・水分・直射日光を避ければ特に必要ありません。



当サイトはプリザーブドフラワー通販ショップです。
自宅のインテリアや贈り物として楽しめるフラワーアレンジを全国一律送料無料でお届けしております。
プリザーブドフラワー送料無料の通販ショップをお探しの方は是非、当サイトをご利用下さい。