プリザーブドフラワーを送料無料で全国どこでも届けします。お見舞いにお花を持っていく際のマナー

お見舞いにお花を持っていく際のマナー

お花をお見舞いに持って行く方は多いでしょう。そういったときには、マナーにも気をつけなければいけません。
こちらでは、お見舞いにお花を持って行く際のマナーをご紹介しています。

■鉢植えのお花

鉢植えのお花には根っこがあることから、「寝付く」と連想させます。そのため、お見舞いに持って行くにはマナー違反とされています。
また、花束を持って行く際にも注意が必要です。花束を贈ると定期的に水を換える必要があり、相手に手間をかけさせてしまうことになります。病室に花瓶がないということも多くあるので注意しましょう。

■香りが強いお花

病院というのは、多くの方が入院しているものです。そこに香りの強いお花を持って行くと、他の方に迷惑をかけてしまうことにもなります。
また、個室であっても強い香りを苦手とする方も多いので、なるべく香りがしないお花を選ぶといいでしょう。

■白系のお花

白いお花というのは、お悔やみやお供えのお花を連想させます。お見舞いに白系のお花を持って行くと不謹慎に思われてしまうので、注意しましょう。
お見舞いのお花には、見ているだけで気持ちが明るくなるようなピンクや黄色、オレンジなどの鮮やかな色のお花がおすすめです。

■赤色のお花

赤というのは、血を連想させてしまいます。また、赤は興奮作用があることから、お見舞いには不向きのお花となっています。
ワンポイントとしてならマナー違反にはなりませんが、メインとして赤がたくさん使われているお花は避けるようにしましょう。

お見舞いのお花を通販でお探しの方は、当サイトをご利用ください。当サイトでは、お見舞いに最適なブリザードフラワーを通販にて取り扱っております。ブリザードフラワーであればお手入れの必要もなく、花粉や香りの心配もありません。また、とても長持ちするのでお見舞いのお花として気軽に贈ることができるでしょう。 他にも、お祝いや誕生日のギフトに最適なブリザードフラワーも販売しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。